保育士の道とその裏側

子供好きの女性は多く、子供を相手にする仕事につきたいと思い描く人はたくさんいます。しかし、それを実際に仕事をしてみようと思うと、躊躇してしまうということも少なくありません。子供を相手にする仕事として最初に候補に上がるのは、保育士でしょう。その様子を想像していみると、子どもと毎日楽しく遊ぶことで仕事になるという理想的な状況が思い浮かぶはずです。そういった状況を考えて実際の職場事情について調べてみると、教育をしっかりとして欲しいという親の声の強い影響を受けているケースが多くあります。子供とただ遊ぶにしても、いかに知能を伸ばすかということに注目していたり、その成果報告ができるような仕組みを作ったりしている状況があるのです。子供たちと楽しく遊んでいる現場の裏側では、殺伐とした雰囲気が漂っていることすらあります。そういった状況を垣間見てしまうと幻滅してしまい、あえて仕事にしようとは思えなくなってきてしまう傾向があるようです。しかし、子供を預けている親からすればただ預かってもらうだけではなく、何かを要求したくなるというのは仕方のないことかもしれません。より子供に将来有望になって欲しいと望むのが親心でしょう。そういった観点で見れば、至極当然な要求をしてきているのです。そのことをあらためて認識できれば、その子供の将来のためにそういった裏側があることを理解できます。そうすると、子供好きとしてより子供のために頑張ってあげようという気になり、やはり保育士になろうと決意できるのです。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.